おはようございます。
Office YOKIMA(オフィスよきま)です。

静岡市内で

〇認知症予防・軽度認知障害改善のための講座の開催
〇高齢者向けリフォームのご相談、ご自宅で過ごすための困りごと相談
〇身体バランスを整え元気な生活を維持するための整体

といった、イキイキとした老後を目指す方々のサポート事業を行っております。

認知症によるニュースや情報番組が数多くある中で、自分のお父さん、お母さんは高齢になっても変わらない・・・。

なんとなくそう思っていること、ありませんか?

私もそうです。

年を取れば、容貌は変わるだろう、多少行動が「お年寄り」っぽくはなるだろう、と思ってはいますが、

・自分のことを忘れてしまう
・これまでと全然違う言動が増える
・さっき言ったことを忘れてしまう

というようなことは、あまりないだろう!と思っている時間がありました。

けれど、自分が20代の感覚でいても、さまざまなところで40代であることを自覚する以上に、親が年齢を重ねる変化は大きいです。
頻繁に会えなければ会えないほど、それは強く感じますね。

時に認知症が進むスピードは、小さい子どもの成長するスピードくらい早く感じます。
そんな時、どう対応しますか?

そんな動揺を描いている漫画があります。

母はハタチの夢を見る」(逢坂みえ子)です。

講談社コミックプラス~20160713今日のおすすめ~
(逢坂先生のインタビューもありますし、試し読みも出来ます)

特に配偶者であるお父さんの「認めたくない感じ」、とてもよくわかります。
冗談で「ボケたな~」と言っているのとは違う、本当はちょっとわかっているんだけど、妻の現実を受け止められない。
そんな描写がリアルです。

私の母は、認知症までいかないものの、最近もの忘れはかなり進行しています。
もの忘れ外来でのやりとり以降、ピタッと対応を変えましたが、その前は忘れる母をすごく責めてしまっていたと思います。

父は母のそんなところを理解している部分と、理解しきれていない部分を持っているように感じます。
 

もともと天然な母です。
いつも通り、つっこみたくなるようです。
 

私は、そんな父も心配しています。

もしも、お近くでこの漫画のような出来事があるようでしたら、早めに専門機関の受診をお勧めします。
ただし、お勧めする場合は、細心の注意が必要な場合もあります。
「誰に」「どのように」伝えるかを意識してくださいね。

早めの対応で、症状を遅らせる、改善できる場合もあります。

今後も、おすすめの本、読みやすい本を時々ご紹介します^^。

◇◇◇
さて、次回の「65歳からのおとな健康塾」は、
3月28日(水) グランシップ練習室3 10:00~11:30

4月25日(水) グランシップ練習室3 10:00~11:30

参加者の人数や顔ぶれによって、内容も少しずつ変えております。
みなさんが、顔をしかめたり、笑顔になったり。
そんな楽しめる内容にしております。
ぜひ、「脳がよろこぶこと」の一つをお試しくださいませ^^

申込み☎ 054-209-8220
申込フォームは コチラ をクリック。
(「ご質問」スペースにご希望のお日にちをお願いします)