おはようございます。
オフィスよきまです。

投稿が少しご無沙汰してしまいました。

静岡県では各自治体の「お達者度」というものを毎年発表しています。
最新版は平成29年8月の「平成26年度 市町村別『お達者度』」です。
例年通りであれば、今年の8月頃に「平成27年度 市町村別『お達者度』」が発表されると思われます。

お達者度とは?

お達者度とは、65歳から、元気で自立して暮らせる期間を算出したものです。
県内市町の介護認定の情報、死亡の情報をもとに、生命表を用いて算出します。
                        (静岡県ホームページ

どうやら、静岡県と福島県だけの調査のようです。

統計の計算は違うかもしれませんが、「健康寿命」を市町別に独自に算出しているようですね。

静岡県内で「お達者」な市町は?

では平成26年で、「お達者度」の上位の市町を見てみましょう。

      <男性>             <女性>   (単位は(年))
1位 川根本町   19.29      1位 森町     22.43

2位 藤枝市    18.46      2位 川根本町   22.00 

3位 裾野市    18.43      3位 御殿場市   21.99

4位 磐田市    18.41      4位 吉田町    21.68

5位 湖西市    18.37      5位 清水町    21.68

お達者度が長い市町の特徴

『お達者度が長い市町の特徴として、運動習慣がある人、大豆製品を食べる人、緑茶を飲む人が多く、喫煙経験がある人や肥満に該当する人が少ないことが挙げられました。
また、世代間の交流が多く、二世帯以上で居住する人が多いことも特徴として挙げられました。

県内の高齢者約14,000人を対象とした追跡調査では、「運動」「食生活」「社会参加」が長生きにつながると考えられました。

また、「緑茶」をよく飲む人ほど、長生きという結果でした。』
静岡県ホームページ

静岡県の健康寿命は、全国でもトップクラスです。
温暖な気候ゆえの、社会活動が活発=コミュニケーションの機会が多いことも挙げられています。

さらに市町ごとの発表でも「世代間の交流が多いほど、お達者度が長くなる」と考えられているようです。

国税調査では「60代以上の独居老人(一人暮らし)」では静岡県は37位と平均よりも少ないです。(参考サイトhttp://todo-ran.com/
気候・食べ物・家族構成・社会活動などの項目が高いため、健康寿命が上位なのでしょう。

 いかがでしたか?

住むさまざまな環境によって、健康寿命は左右されます。
もちろん、個人的な努力や工夫の影響もあると思います。
元気で動ける『お達者』な期間を、もっと伸ばしていきたいですね^^。