こんばんは!
Office YOKIMA(オフィスよきま)です。

静岡市内で

  • 認知症予防・軽度認知障害改善のための講座の開催
  • 高齢者向けリフォームのご相談、ご自宅で過ごすための困りごと相談
  • 身体バランスを整え元気な生活を維持するための整体

といった、イキイキとした老後を目指す方々のサポート事業を行っております。

 

先日、TUTAYAの会員の更新時期だったので、会員の更新をしてきました。
その際「更新特典としてCDかDVDレンタルが一枚無料になる」ということだったので、借りることにしました。

借りたのは、

『SMAP 25 Years』
3枚組です。発売は去年だったんですね。
今だから簡単に借りれたのかもしれません。

思いっきりSMAP世代なので、ファンじゃなくても当時ヒットした曲はかなり覚えています。
青春とSMAPの曲やドラマはリンクするところが多いですね。

私はかなりミーハーだったので、学生時代の記憶力の多くを、芸能ネタや歌の歌詞に使っていたと思います。
もしも、それらの容量を勉強に費やしていたのなら、もう少し成績が良かったんじゃないか?と当時も自分で思っていました(笑)。

 

もう一枚借りました。

スピッツ『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX』
こちらも3枚組。

アルバム1枚のレンタル料金と同じなので、2枚分の金額で6枚聴ける!
お得です(^^)。

スピッツさんも、学生時代カラオケボックスに入り浸っていた頃によく歌われていた定番曲がたくさんあります。
最近の新しい曲はあまりわかりませんが、昔の曲は歌詞までよく覚えています。

 

ちなみに、最近ヒットした曲って、歌詞を覚えるまでが一苦労です…。

 

どちらに入っている曲も、よく知っている曲が流れると、当時の思い出や風景、感情が思い出されます。
10代、20代の感覚が少し戻ったりしますね。

実は、認知症予防や改善に、こういった昔好きだった曲を聴いたり歌ったりするのが効果的だと言われています。
どんな点が良いと言われているかと言うと、

 

その1、歌うことで、心と身体にいいホルモンがたくさん分泌されるから。

歌い始めは恥ずかしい気持ちがあっても、好きな歌のイントロや得意な曲が流れるにしたがって、気分もノッテきます。
特異な曲なら、まるで自分がその場の主役になったような気分になりますよね。

これは、ナチュラルハイという状態で、エンドルフィンというホルモンが出ています。エンドルフィンは神経伝達物質の一つなのですが、活動的で緊張した状態を鎮静化する働きがあり、高揚した幸せな気分になると言われています。同時に、ほどよい興奮と爽快感をもたらすドーパミンやアドレナリン、これらの働きをコントロールして心を安定させる働きのあるセロトニンも分泌されます。こういった働きにより、何とも言えない心地よい気分になり、ストレスから解放され、幸福感に満たされます。
また、生理面では全身の細胞を活性化して代謝力を上げ、腸の働きを活性化し、免疫力や自然治癒力もアップすると言われています。

その2、生活習慣病が改善されたり、認知症予防の効果も。

歌を歌うと自然と脳や全身の血行が促進され、脳の神経細胞も活性化するといわいれています。
たくさんの空気を吸い込んで勢いよく吐き出して大きな声を出したり、やさしい声をゆっくり出したりと、歌の抑揚をつけるために自然と呼吸に関わる筋肉や関節が大きく伸縮し、それに伴い血管の収縮や拡張も活発になるためです。
週2~3回、3~6か月カラオケ教室に通った方の高血圧や中性脂肪が改善したのを始め、生活習慣病の改善や予防に有効な臨床データがあるそうです。

認知症は脳神経の死滅や脳内血管の機能低下が関係していますが、脳細胞の活性化に有効なカラオケを楽しむことで、認知症予防の効果も大いに期待できます。

その3、昔好きだった曲を歌うことが、認知症予防に

ご本人が昔好きだった歌を懐かしんで歌うことで、認知症予防が期待できるといわれています。

歌詞を確かめて歌うことは左脳によく、メロディーやリズムは右脳に作用するので、カラオケの画面に流れる歌詞テロップを追いながら伴奏に合わせ、リズムにのって歌えば脳はフル回転します。
そして昔好きだった曲やよく歌った曲を歌うことで、当時の記憶や気持ちがよみがえります。この回想がまた、認知症の改善や予防に絶大な効果があるといわれているのです。

その4、一人よりも仲間と歌う

歌うだけでももちろん健康効果がありますが、カラオケで仲間と一緒に楽しく歌うことも大切です。
人前で歌い、人に評価される緊張感、人の歌から得られる癒しや共感も、脳を刺激します。

まとめ

私の母の特技はカラオケです。
歌詞を覚えるのは昔から苦手ですが、メロディは正確で、カラオケボックスの採点ゲームをやるといつも高得点です。
本人もそれがうれしいらしく、また懐かしい歌を歌うのが楽しいようです。

認知症予防、軽度認知障害改善にはいくつかの方法があると思いますが、ご本人が好きなものを楽しくやることが大事です。

 

カラオケ操作を覚えるほど頻度よく通えていないので私の同行が必要ですが、母にカラオケサークルを勧めています。
(同時に父にも、何かサークルに入ったら?と伝えています)
予防・改善のためと、家族以外の人と繋がるためにです。

会社や子育てが一段落すると、急に外とのつながりが減る方がいらっしゃいます。
コミュニケーションは時に面倒ですが、認知症予防トレーニングとしては効果が絶大です。
それはハードルが高いということでしたら、まずはカラオケから始めませんか?

 

 

体験会では、軽度認知障害や認知症予防・改善の実践だけでなく、このような情報提供もしていきます。
自分でやりやすいことを知って、塾以外の日は好きなことで認知症予防をしてみてはいかがでしょう。

第2回体験会のお申込みは下記のフォームをクリックしてください。
お電話でのお申込み・お問い合わせは054-209-8220
※移動中、施術中は留守番電話が対応します。折り返しますのでメッセージをお願いします。